ここから本文エリア

現在位置:高校野球>青森大会> 記事

青森ニュース

東奥義塾元監督の阿保さん、甲子園で育成功労賞表彰

2010年08月16日

 高校野球の発展を支えた人に贈られる「育成功労賞」に選ばれた東奥義塾の元監督阿保清忠さん(67)が15日、阪神甲子園球場で表彰された。表彰式に招待されたのは、同賞に選ばれた49人のうち阿保さんら8人。全員がユニホームに身を包み、第1試合の前にグラウンドで盾を受け取った。

写真育成功労賞を受賞し表彰される阿保清忠氏=阪神甲子園球場、中里友紀撮影

 阿保さんが阪神甲子園球場に足を運んだのは、監督として出場した1981年の63回大会ぶり。「球場はすっかりきれいになったけど、雰囲気はあのときのまま。もう少し若ければ、またここでサインを送りたかったな」と笑った。

 終戦記念日のこの日、正午にグラウンドで黙祷が行われ、阿保さんもバックネット裏で黙祷をささげた。終戦当時、阿保さんは2歳だったが、防空壕(ごう)やりんご畑に逃げた記憶がかすかに残っているという。

 阿保さんは「いい賞をもらってうれしい日ですが、戦争で亡くなられた方にきちんと思いをはせてから帰ります。戦争は嫌いですから」と話した。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る