ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

小木曽、意地の反撃 中京大中京、終盤に一矢

2010年08月14日

(14日、早稲田実21―6中京大中京) 中京大中京の終盤の反撃は1番小木曽が足がかりだった。8回は左中間へ二塁打を放ち、4得点の口火を切った。9回も1死走者無しからボテボテのゴロで全力疾走。敵失で生き6点目のホームを踏んだ。「あきらめない姿勢を貫けた。でも、ここまで差をつけられて、悔いが……」。言葉は嗚咽(おえつ)に変わった。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る