ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

中京大中京、堂々先頭で入場リハーサル「明日楽しみ」

2010年08月07日

 第92回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社・日本高校野球連盟主催)が7日に開幕するのを前に、開会式のリハーサルが6日、阪神甲子園球場であった。愛知代表の中京大中京の選手18人は、昨年夏の優勝校として、全国の代表49校の先頭で入場行進した。

写真入場してきた中京大中京の選手を携帯電話で撮影する部員たち=阪神甲子園球場

 主将の磯村嘉孝君(3年)が深紅の大優勝旗を掲げて姿を見せると、スタンドで見ていた部員たちは、「来た来た」と歓声を上げた。マネジャーの喜多川蒼(あおい)さん(3年)は「明日、スタンドが満員になるのが楽しみ」と話した。

 リハーサルを終えた投手の森本隼平君(3年)は「なかなか先頭の機会はない。明日は胸を張って堂々と歩きたい」と話した。

 初戦は9日の第1試合(午前8時半開始)で、山口代表の南陽工と対戦する。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る