ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

大黒柱、5回から真価 愛知啓成の中川凱登君 愛知大会

2010年07月31日

 愛知啓成の大黒柱・中川凱登(かいと)君(3年)。試合前、ベンチの黒板に監督が書いた「人生をかけた大一番。勝利への執念」の言葉を胸にマウンドに立った。しかし「強打の中京大中京打線に甘い球は通用しない」と考え、逆にコースを意識しすぎた。ボールが先行。ストライクを取りにいった直球を痛打される悪循環で4回までに7安打。6点を奪われた。

写真中京大中京―愛知啓成 力投する愛知啓成・先発の中川=岡崎市民、遠藤啓生撮影

 しかし、「5回から自分のピッチングを取り戻せた」と自ら振り返った通り、チェンジアップが効果的に決まり、尻上がりに調子を上げた。8、9回は3人でうち取った。「(スクイズのフライを捕った)坂のファインプレーで、『絶対に抑えるぞ』という気持ちになった。これまでも守備に助けられ、みんなのおかげで決勝まで来ることができた。来年の春、夏はぜひ甲子園に行って、悔しさを晴らしてほしい」と、後輩にエールを送った。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る