ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

二塁打と3犠打、失策の汚名返上 中京の川本君 愛知大会

2010年07月31日

 中京大中京の2番打者の川本毅君(2年)は、大一番で二塁打を放ち、また「得意ではない」という犠打を三つ決め、得点に結びつく好機を2回つくった。

 守備では一塁手と遊撃手を務めて無失策。準決勝では一塁への送球がワンバウンドしたほか、準々決勝でも2失策を記録していただけに、汚名返上をした形だ。それでも試合後は「ミスした分に比べれば、まだまだ」と不満顔だった。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る