ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

意地の好捕、気持ちで適時打 愛知啓成・坂捕手

2010年07月31日

(高校野球 中京大中京7―2愛知啓成) 4回まで毎回失点した愛知啓成。5回、岡田敬三監督から「0点に抑えて流れを変える」と言われ、捕手の坂英雄君(2年)は必死だった。

写真中京大中京―愛知啓成 6回裏愛知啓成2死二、三塁、坂は中前に2点適時打を放つ=岡崎市民、福留庸友撮影

 5回の守り、1死三塁のピンチ。打者は中京大中京の4番磯村嘉孝君(3年)。1回に先制打、3回にも左越え二塁打を浴びていた。しかしこの回、「スクイズもある」と警戒を怠らなかった。難しいチェンジアップをスクイズしようとした磯村君の打球は小フライに。「絶対に捕る」と素早く反応した坂君が頭から飛び込んで、キャッチ。「よし」と叫んだ。中京大中京に大きく傾いていた流れを変えるきっかけになった。

 打撃でも活躍した。6回裏2死二、三塁の好機で打順が回ってきた。「3年生のために打つ」と狙い球の外角高めの直球を振り抜き、中前安打を放ち2点を返した。5回まで2安打に抑えられてきた浅野文哉君(2年)をマウンドから引きずり降ろし、一気に反撃ムードを盛り上げた。

 継投した森本隼平君(3年)には抑えられ、逆転できなかった。「力の差があったが、精いっぱい、やれることはやり切った。来年は中京大中京を倒して甲子園へ行きたい」と雪辱を誓っていた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る