ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

中京大中京・森本君、経験糧に好救援 愛知大会

2010年07月29日

 中京大中京は先発の浅野文哉君(2年)が中盤まで好投をしたが崩れ、8回1死一、三塁のピンチでエース森本隼平君(3年)が継投で登場した。

 けがのため、今大会の初戦の4日前に投球練習を再開したばかり。登板したのは準々決勝までの3試合で計7イニング。この日はブルペンで10球投げただけだった。それでも「準備ができていなくて、抑えられたらラッキー」と余裕を持ってマウンドに上がり、後続を直球で三振と二ゴロで切り抜けた。

 昨夏の甲子園の決勝では10―6とリードしていた9回2死一、三塁で、マウンドに上がり、1点差まで追い上げられた苦い思い出がある。試合後は「度胸がついて、ピンチに力を出せた」。昨夏から成長した証しを見せた形となった。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る