ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

碧南工・大島君、走攻守でチームに活 愛知大会

2010年07月29日

 碧南工の1番打者大島拓也君(3年)が、随所で光るプレーを見せた。

 味方打線は5回まで1人の走者も許さない中京大中京の先発浅野君を打ちあぐねた。5回が終わった後のグラウンド整備中、仲間たちに「変化球を捨てて直球を狙おう」と指示した。

 6回に伊藤凌斗君(3年)はさっそく初安打。7回には3人が3安打を放ち初得点を挙げた。8回には、1死二塁で打順が大島君に回ってきた。狙い通り、外角低めの直球を左前に運んだ。浅野君の救援で登場した森本君からは、好機を広げる盗塁も成功させた。また好守もたびたび見せた。

 試合終了後、大島君は悔しさをにじませながらも、「地元の大学に進学して野球を続け、今度は『神宮』を目指します」と誓った。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る