ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

ピンチ一転、併殺 啓成・大西君 愛知大会

2010年07月29日

 愛知啓成の中堅手大西諒君(2年)がファインプレーを披露した。

写真栄徳―愛知啓成 2回表栄徳1死一、二塁、大河内の打球を好捕する中堅手大西=岡崎市民、遠藤啓生撮影

 3点を奪って逆転した直後の2回、栄徳の1死一、二塁の場面。栄徳の大河内将君(3年)の右中間をライナーで抜けようかとする打球を、飛び込んでキャッチ。すぐに起きあがって、一塁に投げて併殺とした。ベンチに戻ると、日頃は選手を褒めない岡田敬三監督から「ナイスキャッチ」と言われたという。

 打撃では4回に5点目をたたき出す左前安打を放つなど4打数2安打と活躍した。岡田監督は、2回の守りについて「もし右中間を抜けていたら大変だった。あの回を0点に抑えられたのは大きかった」とたたえた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る