ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

愛知啓成、決勝進出 ピンチで好捕、栄徳の流れ断つ

2010年07月29日

 第92回全国高校野球選手権愛知大会(朝日新聞社・県高校野球連盟主催)は28日、岡崎市民球場で準決勝2試合があった。中京大中京は5回まで完全試合ペースで、打線も11安打を放ち、公立で唯一残っていた碧南工を終盤、圧倒した。愛知啓成は3投手の継投で、ベスト4初進出の栄徳に競り勝った。決勝に進んだ中京大中京と愛知啓成は、昨年夏の愛知大会でも準決勝で対戦している。決勝は29日午後1時から、同球場で予定されている。

     ◇

(愛知啓成5―2栄徳)

 愛知啓成の中堅手大西諒君(2年)がファインプレーを披露した。

 3点を奪って逆転した直後の2回、栄徳の1死一、二塁の場面。栄徳の大河内将君(3年)の右中間をライナーで抜けようかとする打球を、飛び込んでキャッチ。すぐに起きあがって、一塁に投げて併殺とした。ベンチに戻ると、日頃は選手を褒めない岡田敬三監督から「ナイスキャッチ」と言われたという。

 打撃では4回に5点目をたたき出す左前安打を放つなど4打数2安打と活躍した。岡田監督は、2回の守りについて「もし右中間を抜けていたら大変だった。あの回を0点に抑えられたのは大きかった」とたたえた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る