ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

啓成逆転4強、東邦の反撃かわす 愛知大会

2010年07月27日

 愛知啓成のエース中川凱登(かいと)君(3年)が強打の東邦打線を相手に、完投で勝利を飾った。

写真東邦―愛知啓成 6回裏愛知啓成1死二、三塁、大西の二ゴロで三塁走者須田が本塁へ突入、生還。捕手都築=瑞穂、加藤勇介撮影

 序盤こそ、「力んでしまった」とボールが先行。3回には四球も絡んで逆転を許した。だが中盤からは一転してリズムのよい投球でスコアボードに0を並べた。

 途中から調子を上げた理由は、公式戦では初めて投げたというチェンジアップ。前半に多く使って打者に緩い球を意識させた後、後半に最速142キロの直球を生かす作戦だった。「これまでの試合では隠してきました。今日は完投するつもりだったので、9回までの流れを意識して投げました」と胸を張った。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る