ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

「ピョン」と跳ねて、心を一つにプレー 愛知大会 

2010年07月27日

 碧南工のエース片山武士君(3年)は9回無死からこの試合、二つ目の四球を出した。3回以降は、1人の走者も出していなかっただけに、すかさず伊良皆高芳監督は片山君の親友の神谷俊君(3年)を伝令に出し、マウンド上に内野手が集まった。

写真9回裏、マウンド上で跳び上がる碧南工の野手たち=岡崎市民

 神谷君は「ランナーは気にするな。バッターだけに集中しろ」と伝えた。野手たちはマウンドから離れる際、一斉にピョンと跳び上がった=写真。この大会では、毎試合で見られた光景だ。一塁手の伊藤勇気君(3年)は「片山君の発案で、『みんなの気持ちを一つにしてバックを信じて投げたい』というので、5月の練習試合から始めました。この大会でもずっとうまく行っています」。結局、この試合も9回は1点に抑えきった。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る