ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

打の中京圧勝、猛攻の口火切る 愛知大会

2010年07月27日

 中京大中京の小木曽亮君(3年)が1番打者の役割を十分に果たして、コールド勝ちに貢献した。

写真岡崎商―中京大中京 3回裏中京大中京2死一、三塁、岩月の適時二塁打で三塁走者藤浪が生還。捕手成瀬=岡崎市民、連勝一郎撮影

 1回、外角球を逆らわずに左翼線に流し打ちして二塁打。犠打で1死三塁となり、森本隼平君(3年)の中前安打で本塁を踏んだ。3回には試合を決定づける左越え三塁打を放った。小木曽君は「1番打者は塁に出るのが仕事。自分の持ち味を十分に出し、良い流れをつくることができた」。

 しかし、5回2死三塁の打席で、バント安打をねらった打球が投ゴロになった。「大藤敏行監督から『姑息(こそく)なことをするな』としかられた。次からは全部思いっきり振っていく」と話した。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る