ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

昨年の雪辱果たす 愛知大会

2010年07月25日

 「因縁」の対決は愛産大三河に軍配が上がった。

写真愛産大三河―高蔵寺 5回裏高蔵寺1死、打者森は、高蔵寺の守備陣がゴロ処理を誤る間に出塁。ベースカバーは投手浅野湧=小牧

 両校は昨年の夏の愛知大会の5回戦でも対戦。その時は3―1で高蔵寺が勝った。今回は同点に追いつかれた愛産大三河が8回に勝ち越して、昨年の雪辱を果たした。

 8回に決勝打を放った戸谷宗二郎君(3年)は「2アウトでチャンスはここしかないと思い、一本を出そうと粘りました」。8残塁も喫している。竹治玄造監督は「次は打線がつながるようにしたい」と引き締めた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る