ここから本文エリア

現在位置:高校野球>愛知大会> 記事

愛知大会ニュース

守備のミス、打撃で返す 愛知大会

2010年07月25日

 春の県大会で優勝した東邦が南山に先制されるなど、苦しんでベスト16に進んだ。

 0―0で迎えた3回2死一、二塁の場面では遊撃手の山中智衆君(3年)がゴロの処理で一塁に悪送球。次打者が安打で続き、2点の先制点を許した。6回まで1点を追う展開となり、「少しずつ焦りが出てきていた」と山中君。

 だが反撃の口火を切ったのも山中君だった。1点を追う7回に二塁打を放ち、後続もつながり2点を挙げ逆転。再び同点に追いつかれたが、8回の2死二塁の場面では決勝打を放った。4打数3安打と守備のミスを取り返す活躍を見せた。「次は愛工大名電。油断すれば負ける。ワンチャンスをものにして勝ちたい」と気を引き締めていた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る