ここから本文エリア

神奈川ニュース

横浜隼人、笑顔の野球最後まで 豪腕・菊池から本塁打

2009年08月18日

 最後の1球まで笑顔で粘り強く――。横浜隼人は17日、選抜準優勝の花巻東(岩手)と対戦。飯田、萩原、今岡の3投手が継投し、大会屈指の好投手菊池雄星君と緊迫した投手戦を演じた。1―4で敗れたが、「最後まで笑顔」とベンチを後にする選手に、スタンドからの拍手は鳴りやまなかった。

写真横浜隼人―花巻東 7回裏花巻東1死、菊池雄は中越え二塁打を放ち、三塁を狙うがタッチアウト。三塁手森=福岡亜純撮影

   ◇

 横浜隼人は選抜準優勝の花巻東に終盤まで食らいついた。神奈川大会で再三見せた逆転劇はならなかった。

 横浜隼人の先発は、神奈川大会で2回2/3に登板したのみの飯田。水谷監督は「左打者に強い」と大一番に送り出した。飯田は1回裏、2死三塁のピンチで中前に適時打を許し、花巻東が先制。3回裏には2死一、三塁の走者を背負うが、継投した萩原が後続を断ち切った。

 花巻東の先発はプロも注目する左腕菊池。横浜隼人は最速150キロを超える速球に対応するため、150キロの打撃マシンをマウンドから3メートル手前に置いて打ち込んできた。右打者にとって内角の球が多い傾向をふまえ、内角を狙っていった。

 その効果は4回。先頭の森が、2球目の低めの直球を左翼スタンドに同点本塁打。「狙っていた」という内角低めをフルスイングした。

 萩原は6回まで花巻東打線をゼロ封した。7回2死から2点本塁打を打たれ、継投した今岡も8回裏に1点を失った。

 打線は9回表に2死一、二塁と粘りをみせたが、あと一本が出なかった。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る