ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権> 甲子園の大記録

第90回全国高校野球選手権記念大会

甲子園の大記録

 90回を数える夏の甲子園の中で、今も輝きつづけている投手、バッターは誰か。そして、記憶に残るチーム、試合は……。過去の投打の記録、名勝負を振り返った。

投球編

最多奪三振数

〈参考〉参考記録だが、第40回大会で徳島商の板東英二が対魚津(延長18回)で25奪三振を記録している。

▽大会個人記録 83個
 板東英二 徳島商 6試合62回 第40回大会(1958年)
 複数の投手で甲子園を戦うスタイルが定着した今、「83」は不滅の金字塔だ。現在タレントとして活躍中の板東の記録は、永遠に甲子園に刻まれる。
 2位は第88回大会(2006年)の斎藤佑樹(早稲田実)。駒大苫小牧との決勝引き分け再試合を含む7試合(69回)に登板し78奪三振を記録。

▽1試合個人記録 19個

  • 森田勇 東山中 第11回大会(1925年)(対北海中)
  • 藤村富美男 呉港中 第21回大会(1935年)(対飯田商=現飯田長姫)
  • 平古場昭二 浪華商=現大体大浪商 第28回大会(1946年)(対東京高師付中=現筑波大付)
  • 坂元弥太郎 浦和学院 第82回大会(2000年)(対八幡商)
  • 辻内崇伸 大阪桐蔭 第87回大会(2005年)(対藤代)

完全試合 0回

 第64回大会(1982年)、佐賀商・新谷博が木造戦で9回二死までパーフェクトに抑えたが、27人目のピンチヒッター世永に痛恨のデッドボール。大記録を逃した。

無安打無得点試合(ノーヒット・ノーラン)

  • 松本終吉 市岡中 第2回大会(1916年)対一関中
  • 八十川月半 広陵中 第13回大会(1927年)対敦賀商
  • 伊藤次郎 平安中 第14回大会(1928年)対北海中
  • 楠本 保 明石中 第18回大会(1932年)対北海中
  • 水沢 清 長野商 第18回大会(1932年)対遠野中
  • 岡本敏男 熊本工 第18回大会(1932年)対石川師範
  • 吉田正男 中京商 第19回大会(1933年)対善隣商
  • 長谷川 治 海南中 第20回大会(1934年)対神戸一中
  • 小林悟楼 和歌山商 第22回大会(1936年)対福井商
  • 浦野隆夫 大分商 第24回大会(1938年)対台北一中
  • 嶋 清一 海草中 第25回大会(1939年)対島田商
  • 嶋 清一 海草中 第25回大会(1939年)対下関商
  • 服部茂次 熊谷 第33回大会(1951年)対県和歌山商
  • 清沢忠彦 県岐阜商 第39回大会(1957年)対津島商工
  • 王 貞治 早稲田実 第39回大会(1957年)対寝屋川
     王貞治は早稲田実のピッチャーとして出場。珍しい延長11回のノーヒットノーランを達成した。
  • 森光正吉 高知商 第40回大会(1958年)対松阪商
  • 降旗英行 松商学園 第51回大会(1969年)対三笠
  • 有田二三男 北陽 第55回大会(1973年)対高鍋
  • 工藤公康 名古屋電気 第63回大会(1981年)対長崎西
  • 新谷 博 佐賀商 第64回大会(1982年)対木造
  • 芝草宇宙 帝京 第69回大会(1987年)対東北
  • 杉内俊哉 鹿児島実 第80回大会(1998年)対八戸工大一
  • 松坂大輔 横浜 第80回大会(1998年)対京都成章

〈参考〉第19回大会(1933年)には明石中の楠本と中田が、2人の継投でノーヒットノーランを達成。

打撃編

最高打率

▽大会チーム記録 4割4分8厘
 駒大苫小牧 5試合174打数78安打 第86回大会(2004年)

▽大会個人記録 7割2分7厘
 古閑憲生 津久見 3試合11打数8安打 第70回大会(1988年)

▽1試合チーム記録 5割9分3厘
 PL学園 54打数32安打 対東海大山形 第67回大会(1985年)

最多本塁打数

▽大会通算記録 60本
 第88回大会(2006年)
 第88回大会では、従来の記録だった第66回(1984年)の47本を大幅に上回るなど、数々の本塁打記録を更新した。

▽1試合チーム記録 5本
 智弁和歌山(対帝京) 第88回大会(2006年)
 記録が生まれた智弁和歌山―帝京(準々決勝)では、帝京も2本の本塁打を放ち、両チーム合わせて7本の本塁打が飛び出した。

▽大会チーム記録 11本
 智弁和歌山 6試合 第82回大会(2000年)

▽大会個人記録 5本
 清原和博 PL学園 5試合 第67回大会(1985年)

▽1試合個人記録 3本
 清原和博 PL学園 対享栄 第66回大会(1984年)
 1年からPL不動の4番。春夏5度出場し通算本塁打13本、打率4割4分。清原は甲子園が生んだ、最高のホームラン・バッターだった。
 平田良介 大阪桐蔭 対東北 第87回大会(2005年)

最多安打数

▽大会チーム記録 100本
 智弁和歌山 6試合 第82回大会(2000年)
 チーム打率4割1分3厘、100安打。新聞に“驚打”という文字が躍った。82回大会を制した智弁和歌山の打撃はすさまじかった。

▽大会個人記録 19本
 水口栄二 松山商 6試合 第68回大会(1986年)

▽1試合チーム記録 32本
 PL学園 対東海大山形 第67回大会(1985年)

▽1試合個人記録 6本

  • 笹岡伸好 PL学園 対東海大山形 第67回大会(1985年)
  • 松島侑也 日大三  対PL学園  第86回大会(2004年)

大会編

都道府県別優勝回数 大阪府 9回

 PLの4回優勝を筆頭に、夏の甲子園を制した高校は大阪府が最多だ。次いで兵庫、和歌山、広島、愛知の7回が続く。

優勝回数NO.1校 中京大中京、広島商 (6回)

 広島商の初優勝は第10回大会。中京大中京(当時は中京商)は第17回大会から3連覇を達成。

参加校数の推移

 第1回大会の参加校は73校、現在は約56倍の出場校数に。

  • 第1回 73
  • 第10回 263
  • 第20回 675
  • 第30回 1256
  • 第40回 1807
  • 第50回 2485
  • 第60回 3074
  • 第70回 3958
  • 第80回 4102
  • 第87回 4137
  • 第88回 4112
  • 第89回 4081
  • 第90回 4059

用語解説

大会記録と1試合記録 ・・・ 大会記録はその大会を通してチーム・個人が達成した記録。1試合記録は1試合の中でチーム・個人が達成した記録。(最高打率はベスト8進出校から)

完全試合 ・・・ 1人の投手が走者を1人も塁に出さず、完全に相手チームを封じて完投して勝った試合。

ノーヒット・ノーラン ・・・ 1人の投手が相手チームを無安打無得点に抑えて勝った試合。四死球、失策等で走者を出しても無得点に抑えれば成立する。

このページのトップに戻る