ここから本文エリア

期待胸に きょう開幕

2008年08月02日

 いよいよ甲子園――。第90回全国高校野球選手権記念大会の2日開幕に向け、西宮市の阪神甲子園球場では準備が着々と進められた。1日には開会式のリハーサルがあり、東兵庫代表の報徳学園と西兵庫代表の加古川北の選手も参加。関係者やファンは期待に胸を膨らませている。

 開会式リハーサルでは、歴代優勝校の校旗などに続いて全55校が入場。南から西兵庫代表の加古川北、東兵庫代表の報徳学園の順で、地方大会の優勝旗を持った主将を先頭に選手18人が胸を張って行進した。

 初出場の加古川北の大西光起主将は「ここに大観衆が入るのかと思うと、わくわくする。本番がすごく楽しみ」。2年連続の出場となる報徳学園の糸井慎太朗主将は「久しぶりで懐かしい感じがした。実感はまだわかない」と話した。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る