ここから本文エリア

千葉経大付が沼南を破る 2年ぶり3回目の甲子園へ

2008年07月26日

 第90回全国高校野球選手権記念西千葉大会(朝日新聞社、県高野連主催)の決勝が26日、千葉マリンスタジアムであり、千葉経大付が沼南を下して、2年ぶり3回目の優勝を果たした。

写真優勝を決め、スタンドに報告に向かう千葉経大付の選手たち=千葉マリン

 今春の選抜大会4強のチームで唯一、勝ち残っていた千葉経大付が苦戦を制した。打線は沼南の好投手西川を攻めあぐね、2安打2得点。8回には1点差に追い上げられ、2死満塁と一打逆転のピンチ。主戦斎藤は、「走者が出ても冷静に投げた」。4番田頭を遊ゴロに打ち取った。9回の同点機も、「変化球が抜けないよう」と球審にロージンバッグの変更を求める冷静ぶり。「無失点で抑えれば、負けない」。甲子園での一戦必勝を誓った。

 1933年創立の私立校。普通科に加え、商業科・情報処理科・建築科がある。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る