ここから本文エリア

フルスイング無心の二塁打 東邦・野々川選手

2008年08月15日

<西愛知代表 東邦> 何も考えない。狙い球なんて絞らない。来た球を打つだけ。集中力が高まったのか、野々川裕也君(3年)には4万6千人の観衆の声が聞こえなくなった。目指すはただ一つ。「フルスイング」

写真大阪桐蔭―東邦 9回裏東邦2死二、三塁、野々川は左越えに適時二塁打を放つ

 4点差で迎えた9回裏2死二、三塁。フルカウント後の6球目。スライダーが真ん中へ入ってきた。見送りの三振はしたくない。力の限りにバットを振った。芯に当たったのか、当たらなかったのか。ほとんど手に感触が残らなかった。飛んでいく白球には目もくれず、ただ一塁へ向かって走った。

 一塁を回った。相手のレフトとセンターが転がる白球を追いかけている姿が見えた。迷わず、二塁へ。ベースにたどりついた瞬間、一塁側アルプススタンドの「騒ぎ」に気付いた。それで、自分が二塁打を放ち、2点を追加したことに気付いた。

 「強打」の東邦。その頂点である「4番」を担うことで、重圧を感じた時期もあった。初めて公式戦で4番に座ったのは昨春。まだ2年生だったこともあり、重圧に押しつぶされそうになった。思うような結果も出せず、3番に「降格」させられることも増えた。そんな時、不意に思った。「打順なんて関係ない。全員野球で勝てればいい」

 自分が打てなくても、みんなが打ってくれる。部員150人。選手層は厚い。実力なんてそれほどの差はない。誰かがやってくれる。そんなゆとりを持って臨んだ最後の夏は、不動の4番として定着。「フルスイング」することができるようになった。

 長かったようで、あっという間だったようにも感じる高校生活最後の夏。もうこの仲間たちと一緒にフルスイングする機会はないだろう。だが、帽子のつばの裏に、仲間に書いてもらった「フルスイング」の文字は、いつまでも消えない。最高の夏を過ごした思い出とともに。(石井潤一郎)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る