ここから本文エリア

8強かけ、強打対決 東邦、14日大阪桐蔭と対戦

2008年08月14日

 第90回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高野連主催)の西愛知代表・

写真大阪桐蔭戦に備え、練習に励む東邦=大阪市

東邦は14日、第3試合で大阪桐蔭(北大阪)と対戦する。東邦の森田泰弘監督、大阪桐蔭の西谷浩一監督らに試合の見どころや意気込みなどを聞いた。(石井潤一郎)

 「1番から9番までが強打の印象。投手陣のコントロールミスは許されない」。森田監督は大阪桐蔭の印象をこう話す。

 だが、東邦も大会屈指の右腕を擁する初戦の北海(南北海道)戦で大阪桐蔭に並ぶ19安打、15得点を挙げた。3本の本塁打も飛び出し、同様に強打ぶりを見せつけた。西谷監督は東邦について「振りが鋭い。出場校の中で一番振れている」と言う。

 投手陣をみると、東邦のエース下平将一君(3年)は2回戦の清峰(長崎)戦で完投し、絶好調だ。森田監督は「下平が6回まで抑えてくれれば勝ち目がある」とみる。当の下平君は「組み立てを考えることで、最少失点に抑えたい」と意気込む。捕手の山田祐輔君(3年)も「三振は難しくても芯を外させたい」。

 一方の大阪桐蔭はこれまで2人の右腕を軸に試合を組み立ててきた。西谷監督は「エース福島由登(3年)の出来がカギ」とみる。森田監督も「威力がある直球に切れの良い変化球がある。打つ球をはっきりしていかなければ」と話す。

 両チームは6年前の夏も甲子園で対戦している。この時は5―3で東邦が競り勝った。それだけに、西谷監督は「簡単に勝てる相手ではないが、何とか雪辱を」と意欲をむき出しにする。ただ、新チーム結成直後の昨年8月の練習試合では、打ち合いの末に東邦が惜敗した。東邦の選手たちも「大阪桐蔭はやりたかった相手」と強気だ。

 東邦が大阪桐蔭を下せば、愛知勢としては04年の中京大中京以来のベスト8進出となる。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る