ここから本文エリア

四球も単打も二塁打だ 東邦・橋本領太選手

2008年08月07日

<西愛知代表 東邦>

写真東邦―北海 4回表東邦2死一塁、走者橋本は二盗を決める。遊撃手小林勇

 本塁打を放ち、笑顔でダイヤモンドを回る仲間を見て、うらやましい気もする。でも、そんな思いを打ち払う。おれは6番打者。求められているのは本塁打じゃない。

 2回表。橋本領太君(3年)は四球で出た一塁上で、マウンドに立つ北海のエース鍵谷陽平君(3年)と、捕手立島達直君(3年)の姿を交互に見つめていた。立島君がミットを構える。鍵谷君が投げる。直感的に思った。

 「いける」

 2球目。両ひざに置いていた両手を水平に広げる。そして一歩、また一歩と一塁から離れる。3メートルは離れただろうか。そこで確信する。「もう牽制(けんせい)はこない」。鍵谷君の左足が挙がって投球する2秒前にはすでにスタートしていた。慌てて立島君が送球するが、もう二塁は間近。審判の判定を見るまでもなかった。

 自信満々に盗塁できたのには理由がある。南北海道大会の準決勝、決勝のビデオをみんなで見ていた時、あることに気付いた。立島君がミットを構えた後、鍵谷君はほとんど走者を牽制しない。

 「投球モーションを盗める」

 大会屈指の右腕。少しでも進塁して好機を広げることが自分の使命だと思った。「夢に出るぐらい見ろ」という森田泰弘監督の指示を守り、夕食後のミーティングの際に流れるビデオを食い入るように見つめ、走り出すタイミングを計った。チーム一の俊足を生かそうと必死だった。

 1打席目の成功は自信につながった。2打席目は左前安打、盗塁。3打席目は右前安打、盗塁。鍵谷君が降板するまで走り続けた。試合が終わって、振り返れば5打数4安打、3盗塁。本塁打のように派手じゃないけれど、勝利に貢献できたことは確かだ。

 ただ一つ、心残りがある。「一番好きな三盗ができなかった。それがちょっと悔しいっす」。次の試合は、もっと走り回ってやろうと思っている。(石井潤一郎)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る