ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>徳島> 記事

足はぴったり「顔ガチガチ」 鳴門工が開会式リハーサル

2008年08月02日

 選手権記念大会に出場する鳴門工は1日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われた開会式の予行練習に参加した。レギュラーを支えるために甲子園入りしている補助の部員9人が、行進する選手たちを見守っていた。

写真仲間の行進を見守る鳴門工の部員たち=阪神甲子園球場

 予行は入場行進から退場まで通してあった。大きく腕を振り、足をそろえる選手たちを内野スタンドから見た部員は、「ちゃんとできている。けど、顔がガチガチ」と苦笑い。部員は他校の行進にも注目した。昨年の準優勝校、広陵(広島)が入場すると、吉田涼太君(3年)は「めっちゃきれい。これは強いぞ」。その後、初戦の相手、本荘(秋田)が入場。「そろっている」と、一同がどよめいた。

 華やかな雰囲気の球場に、スタンドから見ていた横瀬芳紀君(2年)は「いいな。やっぱり僕も甲子園に立ちたい」と話していた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る