ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>栃木> 記事

闘志新たに堂々行進 開会式「息子大きく見える」

2008年08月03日

 阪神甲子園球場で2日開幕した第90回全国高校野球選手権記念大会の開会式で、県代表の白鴎大足利は新しいユニホームを着て出場55校中46校目に登場。4万4千人の大歓声と拍手の中、関口涼選手の「1、1、12」というかけ声と共に、背筋をピンと伸ばして行進した=写真。

写真入場行進する白鴎大足利の選手たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場

 行進前、新藤将照主将が「全国の人が見るんだから、しっかり歩くように」。堂々の行進ぶりに、スタンドで見ていた選手の母親の中には涙を流す人も。堺啓介選手の父、昭男さんは、この日が46回目の誕生日。「今までで一番うれしい、最高のプレゼント。息子がたくましく大きく見えます」

 開会式後、田中詠侍選手は「いよいよという感じ。早く戦いたい」と闘志を新たにしていた。白鴎大足利は大会5日目の6日、長崎代表の清峰と対戦する。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る