ここから本文エリア

近大付反撃届かず

2008年08月05日

 第90回全国高校野球選手権記念大会で千葉経大付と初戦を戦った近大付は、持ち前の粘りの野球を見せたが、届かなかった。8回まで千葉経大付のエースの好投で二塁も踏めない苦しい展開。それでも3投手の継投と堅守で失点を最小限に抑え、反撃の機会をうかがっていた。3点を追う9回裏、本塁打で1点を返し、大応援団を沸かせた。(後藤泰良)

写真千葉経大付―近大付 9回裏近大付無死、亀山は左中間に本塁打を放つ。投手斎藤、捕手谷=日吉健吾撮影

 9回裏、先頭の1番亀山一平君(2年)はとにかく塁に出て、流れをつくろうと打席に入った。4球目。真ん中高めの直球をフルスイングすると、打球はレフトスタンドに吸い込まれた。二塁を回るとき、思わず右手が挙がった。

 南大阪大会では打率1割8分2厘と不振だった。「先輩に迷惑をかけている」と落ち込んでいた。この日は、不振をカバーしてくれた先輩に恩返しするつもりで臨んだ。

 本塁打のあと、ベンチからは「この回で決めろ」「逆転するぞ」という声が出た。南大阪大会では6試合のうち5試合で逆転勝ち。追い上げムードが一気に盛り上がったが、及ばなかった。

 試合後、亀山君は「最後まであきらめない野球を先輩たちに教えてもらった」と語り、「この財産を僕らの代でしっかり受け継いで、1年後に先輩の借りを返したい」と悔しさをこらえていた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る