ここから本文エリア

両主将「決勝で会おう」

2008年08月02日

 2日に開幕する第90回全国高校野球選手権記念大会を前に、北大阪代表の大阪桐蔭と南大阪代表の近大付のメンバーが1日、開会式のリハーサルに参加した。しっかりとした足取りで入場行進を練習し、開会式の流れを確認した。

写真リハーサル後、リラックスした様子で談笑する大阪桐蔭の森川真雄主将(右)と近大付の松本弦貴主将=阪神甲子園球場

 大阪桐蔭の森川真雄主将(3年)は「いよいよだな、という感じ。早く試合をしたい気持ちが高まった」。控えの外野手で三塁コーチの平島昇汰君(3年)は「小学生の頃から夢だった場所に立てて本当に幸せ。開会式ではたくさんの人たちに感謝の気持ちを込めて歩きたい」と興奮気味に話していた。

 近大付の松本弦貴主将(3年)は「観客が入っていないので緊張しなかった。段取りがしっかりしていてやりやすかった」。近大付のプラカードを持つ沼田真寿美さん(2年)は「緊張した。近大付を応援に来たい」。藤本博国監督は「足並みもそろっていたし、躍動感があって一番良かった」と笑顔を見せた。

 森川主将と松本主将はリハーサル後に対面し、「決勝で会おう」と互いの健闘を誓い合った。(左古将規、後藤泰良)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る