ここから本文エリア

近大付、15年ぶり4回目の甲子園

2008年07月27日

 第90回全国高校野球選手権記念南大阪大会(朝日新聞社、府高野連主催)の決勝が27日、舞洲球場であり、近大付がPL学園を延長12回、8―7で破り、15年ぶり4回目の全国大会出場を決めた。

写真南大阪大会 PL学園―近大付 1回裏近大付2死一、三塁、金田は一塁強襲の先制適時打を放つ。投手勧野、捕手岸田=舞洲、日吉健吾撮影

 全国大会は8月2日、阪神甲子園球場で開幕する。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る