ここから本文エリア

横浜 9回、相手のミスに乗じ決勝点

2008年08月15日

<南神奈川代表 横浜> 同点の9回、横浜は相手の2度のミスに乗じ、決勝点を奪った。

写真横浜―仙台育英 9回表横浜1死二、三塁、打者松本の時、投手木村の暴投で三塁走者中原(左)が生還し勝ち越し

 先頭の9番中原北斗君(2年)の打球は遊飛と思われたが、照明が目に入った遊撃手がボールを見失い、左前に落ちた。そこから1死二、三塁とし、打席に3番松本幸一郎君(3年)。ファウルで粘った7球目、仙台育英の2番手木村謙吾君(1年)が暴投。捕手がボールを見失う間に、三走の中原君が生還した。

 「後ろにつなげようと思った。ファウルで粘り、投手にプレッシャーをかけられたことが、暴投につながったと思う」と松本君。中原君も「捕手がボールを見失った瞬間に、いけると思った」。

 試合途中に照明灯が点灯し、二塁手の松本君も守りにくさを感じていたという。

 「最初は目が慣れなかった。今日は浜風も強く、そういうことにも対応しないといけなかった」

 ミスを防ぐため、細心に注意を払うことが勝負を分けることになった。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る