ここから本文エリア

横浜、我慢比べ終盤に球運 仙台育英に競り勝つ

2008年08月15日

<南神奈川代表 横浜>

写真仙台育英を破り、ガッツポーズをする横浜の投手土屋

 試合巧者同士の戦いは、終始先行された横浜が土屋の粘投もあり、終盤に追いつき逆転で競り勝った。

 1点を追う横浜は3回、仙台育英の先発穂積をとらえ、大石の中前適時打で同点に追いついた。さらに2死満塁と攻めたが、継投した1年生左腕の木村に後続を断たれた。

 横浜打線はその後も木村に苦戦。重い直球とスライダーの緩急にあわず、4〜6回は無安打に抑えられた。

 流れを変えたのは、1点を追う7回。渡辺監督が「ボールに手を出さず我慢しろ」と指示。9番中原が粘って木村から初安打を放つと、犠打と安打で1死一、三塁。この好機に、3番松本の犠飛で追いついた。

 決勝点を挙げた9回は、1死二、三塁から、暴投になった木村の低めの変化球を捕手が見失う間、三塁走者中原が判断よく本塁に駆け込んだ。

 エース土屋は7安打を浴びながら2失点で耐えた。常にリードされる展開だったが、「スライダーを低めに丁寧に投げた」。走者を出しながらも要所を抑え、味方の反撃を呼び込んだ。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る