ここから本文エリア

ベース1周、殊勲1年生 横浜・大石選手

2008年08月13日

<南神奈川代表 横浜> 4回、横浜の勝ち越し点をたたき出したのは1年生の大石だ。2死二塁から粘りに粘った11球目、真ん中の好球を引き出して右中間へ。ぐんぐんスピードを上げ、中堅手の返球がそれる間に本塁へ頭から滑り込んだ(記録は三塁打と失策)。「自分は打撃より守りを期待されている。ビックリ」。あどけない顔つきがまぶしかった。

写真広陵―横浜 4回裏横浜2死二塁、大石は右中間に適時打を放ち、中継が乱れる間に一気に生還=西畑志朗撮影

 ○筒香(横) この夏初の4番で、3、6回に適時打。2年生は「久しぶりだったので緊張した。やっと結果が出てきた。こつこつと練習してきて良かった」と笑顔。

 ○松本(横) 6回、右中間へ適時三塁打。「初球から直球を狙っていた。ちょっと詰まり気味だったけれど、体がよく回転してくれた」


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る