ここから本文エリア

しぶとく粘り、流れつかむ横浜 強さの秘訣

2008年08月13日

<南神奈川代表 横浜> 迷いはない。マウンドを駆け下りて転がるボールをつかむと、振り向きざまに三塁へ投げた。審判の拳が突き上がる。5回、無死一、二塁から広陵が試みた送りバント。「捕手の指示じゃなく、自分の判断。間に合う」。横浜の左腕・土屋は、フィールディングに絶対的な自信を持つ。

写真広陵―横浜 5回表広陵無死一、二塁、下川のバントを捕った土屋(1)は三塁へ送球、二塁走者長谷部を三封する。三塁手倉本=西畑志朗撮影

 送りバントを阻止すること3度。松坂を育てた小倉部長にいつも言われている。「バントは、させて、刺せ」。制球を気にして低めに投げると、バントされたときボールの勢いを殺されやすい。思い切り腕を振り胸元を突くと、バントされたボールは、目の前に転がってくる。

 「自分を救う、完璧(かんぺき)なプレー。当然です。部長がものすごく指導しているから」と渡辺監督。ピンチを地道につみ取って、たとえ失点しても傷口は最小限にとどめた。

 バックも、もり立てる。7回は1死一塁から二遊間の打球を、二塁手・松本が逆シングルで捕球し、そのまま遊撃手・大石にグラブトス。併殺を完成させた。「打者走者は俊足の上本。握り直す時間はない」と松本。11安打を浴びても、粘るエースを支えた。

 放った安打は、2試合連続で相手を下回った。「僕らのテーマは『スモールベースボール』。小技で守備で、流れを変えるようにやってきた」と主将の小川健。見る者すべてを圧倒する力は、今の横浜にない。淡いグレーのユニホームを土まみれにして、しぶとく進む。(山下弘展)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る