ここから本文エリア

「北海道の仲間」 駒岩選手が声援

2008年08月07日

 北海の応援席では、駒大岩見沢の選手たちも声援を送った。松本駿主将(3年)が「北海道の同じ仲間。応援したい」と高橋真次監督に願い出て実現した。

写真アルプス席から、北海に大声で声援を送る駒大岩見沢の選手たち=阪神甲子園球場

 選手たちは午前9時から11時まで、バッティングやノックなどの練習をしてから、阪神甲子園球場に移動。3時間近い試合に、日よけのないアルプス席で、北海の応援団とともに、メガホンを持って声をからした。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る