ここから本文エリア

最後まで投手引っ張る 北海・立島達直捕手

2008年08月07日

<南北海道代表 北海> 1回の初球。試合開始のサイレンが鳴りやまないうちに、鍵谷陽平投手(3年)の外角速球を、東邦の先頭打者に右中間スタンドに運ばれた。

写真試合の最初に守備陣に声をかける立島達直捕手

 自信のある速球を打たれた鍵谷投手はぼうぜんとしていた。立島達直(たつなお)捕手(同)=がすかさず笑顔でマウンドへ。「次のバッターを切れば、大丈夫」。おしりをぽんとたたいた。「頑張れ」という気持ちを込めて1球1球、立ち上がって返球した。

 軟式出身の鍵谷投手を、中学時代に立島捕手は知らなかった。だが、入部直後のキャッチボールで、ぐーんと手元で伸びるボールに度肝を抜かれた。「将来の北海を担うバッテリーになる」。気持ちを固めた。

 エースを支える心構えを野村克也・楽天監督の本から学び、「立島ノート」を作って練習内容や試合の反省をつづった。鍵谷投手の調子がよくないときにはノートをめくった。対戦相手が決まってからは、ビデオを見て東邦の打者の特徴を書き、甲子園では全球の組み立てを任された。

 スライダーがなかなか低めに決まらず、直球をねらい打たれた。東邦の強力打線は予想以上だった。鍵谷投手は7回途中で降板したが、立島捕手は夏の大会で1球も投げずに大舞台のマウンドに立つ救援の3投手を落ち着かせてリードした。

 昨秋の道大会初戦で敗れた直後が最も苦しかった。練習に意味が見いだせないと今の3年生は練習を数週間ボイコット。豊平川の河川敷でキャッチボールをする毎日の中、副主将の立島捕手が選手の考えを集約して平川敦監督らに伝えた。みんなでチームを立て直した末につかんだ甲子園出場だった。

 9回表。守備につく前、ホームベース上の土を手でていねいに払った。平川監督の「野球の神様が見ている」の言葉を思い出す。最後まで、笑顔でミットを構えた。

 甲子園での勝利はならなかったが、野球の神様は最高の出会いをくれたと思う。「鍵谷とバッテリーを組めて、本当に幸せでした」(中林加南子)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る