ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>滋賀> 記事

近江が2年連続V、10回目の甲子園出場

2008年07月24日

 第90回全国高校野球選手権記念滋賀大会(朝日新聞社、県高野連主催)は24日、決勝戦が県立彦根球場であり、近江が綾羽を破って2年連続11回目の優勝を決めた。甲子園出場は10回目。

写真甲子園出場を決め、マウンドに駆け寄る近江の選手たち=24日午後、滋賀県彦根市の県立彦根球場、上田潤撮影

 近江が19安打の猛攻で、2年連続の甲子園出場をつかんだ。同点の4回、青山の内野安打で勝ち越すと、続く上田が3ラン。5回には5連打などで加点し、エース小熊を楽にした。チームは全5試合で2けた安打をマークし、チーム打率は4割6分9厘で滋賀大会新記録を樹立。多賀監督は「これまで小熊におんぶにだっこだったが、やっと打線がつながってくれた。甲子園でも十分戦える戦力はある。目標は全国制覇です」。

 1938年創立の私立。「ひこにゃん」がイメージキャラクターの彦根城に近い。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る