ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>佐賀> 記事

高鳴る鼓動 佐賀商・樺島選手「早く試合したい」

2008年08月02日

 2日開幕の第90回全国高校野球選手権記念大会を前に、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1日、開会式のリハーサルが行われ、県代表の佐賀商の選手たちは足並みのそろった行進を見せた。出場全55校による隊列を、昨夏の覇者・佐賀北の田中亮主将が、深紅の優勝旗を持って先導した。

写真佐賀商のプラカードを持つ沢さん(左)とリハーサル後に言葉を交わす片岡大樹主将=阪神甲子園球場

 佐賀商は、同市立西宮高校2年の沢菜々美さんに導かれ、代表校の7番目に登場。歩調や、曲がる位置を確認した。樺島賢吾三塁手は、「やっと甲子園が始まると思うと、わくわくしてきた。早く試合がしたい」と興奮気味。開会式で隣に並ぶことになる清峰(長崎)のエース古賀達彦投手とは、「同じ九州同士、勝ち進んで最後に戦おう」と、健闘を誓い合ったという。

 佐賀北の田中主将は、「グラウンドに下りたら昨夏の興奮を思い出した。全員で優勝旗を返しに来られなかったのは残念だけれど、その分、佐賀商の選手たちには、甲子園を思い切り楽しみ、とにかく一つ勝ってもらいたい」とエールを送った。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る