ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>沖縄> 記事

浦添商、間の幻惑盗塁阻止

2008年08月15日

<沖縄代表 浦添商> 関東一の右下手投げ、押久保の緩い球にてこずっていた浦添商打線。嫌な流れを断ち切ったのは1番打者の漢那だった。

写真浦添商―関東一 4回裏関東一1死一塁、走者広瀬は二盗を狙うがタッチアウト。遊撃手上地俊=竹花徹朗撮影

 7回2死満塁。3球目は、外角高めの変化球だった。引きつけて、たたきつける。打球は前進守備の三遊間を抜き、2点を勝ち越した。緩い球を攻略するためのお手本のような打撃だった。

 165センチ、59キロと小柄だが、冬場、時間があれば毎日2千回、バットを振った。手は血だらけになったが「小さいからってなめられたくない。必死でやりました」。その成果は3試合で8安打となって現れた。

 2回戦は試合中に腰を痛めて途中交代。アイシングなどで治療に努め、この日、ようやくバットが思い切り振れるようになった。神谷監督は「今大会一番信頼出来る打者。よく期待に応えてくれた」とたたえた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る