ここから本文エリア

北埼玉ニュース

「まだ同点」励まされ完投 本庄一・萩原友樹投手

2008年08月06日

<北埼玉代表 本庄一>

写真開星―本庄一 開星打線を相手に力投する萩原=日吉健吾撮影

 マウンドで、本庄一の萩原友樹君(2年)は苦しんでいた。6回、4連打を浴び同点に追いつかれた。「投げ急いでしまった。2点リードして気が緩んだのかもしれない」

 送りバントで2死二、三塁と逆転の危機に。主将の氏原重雄君(3年)が伝令に出た。マウンドに駆け寄り、「まだ同点だ。思い切って投げろ」と笑顔で声をかけ、萩原君の背中をポンとたたいた。

 「振り出しに戻っただけ、と考えることが出来た。あれで気持ちを切り替えることが出来た」と、萩原君。次打者を二飛に打ち取った。

 この日、序盤から勝負球の内角をえぐる直球が要所で甘く入り、再三得点圏に走者を背負った。5回までもてばいいと思っていたという須長三郎監督は「いけるか」と試合後半、ベンチに戻るたびに萩原君に聞いた。「大丈夫です」。萩原君ははっきりと答え続けた。

 7回以降は、力強い直球が内角をえぐり始めた。「終盤は一球一球に気持ちを込めた。絶対最後まで投げきりたかったから」

 昨秋、内角を投げると死球になり、自らつぶれてしまうことが多かった。「死球が怖くて外角ばかり投げていた」。苦しむ萩原君に須長監督は投球フォームを修正させた。萩原君は毎晩200球のシャドーピッチングを繰り返した。春には自信を持って内角に投げ込めるようになっていた。

 堅守にも助けられた。9回表1死で、開星1番打者の打球が萩原君の頭を越えた。しかし、「いい投球をする萩原を助けたかった」と二塁手の岡田哲哉君(2年)が中前に抜ける直前につかみ、振り向きざまに一塁へ送って刺した。遊撃手の奥田ペドロ君(同)も再三強烈な打球を凡打にした。

 「みんなに助けられて今日の投球があった」と萩原君は振り返った。「次は、もっと序盤からズバズバ内角を攻める投球がしたい」


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る