ここから本文エリア

作戦変化、スクイズ成功 慶応9番の溝口選手

2008年08月15日

<北神奈川代表 慶応> 慶応の9番溝口透麻君(3年)のスクイズが試合を決めた。7回1死一、三塁。カウント1―3から、三塁前へ転がした。「勝負を決める1点だと思っていた。練習通り、作戦通りに成功しました」

写真青森山田―慶応 7回裏慶応1死一、三塁、溝口はスクイズを決め、追加点を挙げる。捕手矢野

 上田監督には「打たせるぞ」と言われ、打席に入った。しかしサインは「待て」。バントの構えをしながら相手を警戒させ、3球連続ボール。ストライクの後、スクイズのサインが出た。

 北神奈川大会の直前の練習試合で、バントを失敗した。監督からは「バントが下手だ」と言われ、部員全員が見守る中で、居残り練習を課せられた。「自分は泥臭くやるのが役目。あれでバントへの意識が変わった」

 甲子園の2試合は7打数5安打。この日はヒットこそなかったが、本来の役割を果たせたことに満足していた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る