ここから本文エリア

「笑顔で行こうぜ」 慶応、涙は似合わぬ

2008年08月16日

<北神奈川代表 慶応> 「笑顔で行こうぜ」。ベンチから引き揚げてくる選手から声が飛んだ。楽しく、スマートな野球が信条の慶応には、涙は似合わない。

写真浦添商―慶応 7回裏慶応2死二塁、田村の右前安打で走者山崎が生還し、勝ち越す。捕手山城=遠藤啓生撮影

 「頑張れよ」。試合後、田村は、笑みを浮かべながら浦添商のエース伊波にかけより激励の言葉を掛けた。「やることはやった、悔いはありません」と振り返った。

 5回からマウンドに上がった田村に、アクシデントが起きた。7回、仲間を三振にとったときに、左足親指の付け根部分の皮膚が裂けた。痛みをこらえながら、その裏の打席で二塁右を破る勝ち越しの適時打を放ったが、軸足の負傷は球威を奪い、10回に力尽きた。

 「それは関係ない。力不足です」。負けん気の強さをのぞかせ、けがのせいにはしなかった。選抜後、故障続きのなか、黙々と走り込んで復活を果たした。春先は「力道山の孫」の話題が先行していたが、今大会は4試合に登板、安定感のある投球で古豪復活の原動力となった。「只野といういいライバルがいたおかげ。仲間には感謝したい」。こらえていた涙がこぼれた。(井上明)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る