ここから本文エリア

駒大岩見沢V 2年連続4回目の夏の甲子園 北北海道

2008年07月24日

 北北海道大会は24日、旭川スタルヒン球場で決勝があり、駒大岩見沢が白樺学園を5―3で破って優勝した。夏の甲子園出場は2年連続4回目。

写真北北海道大会 白樺学園―駒大岩見沢 優勝を決め、抱き合って喜ぶ駒大岩見沢の選手たち=旭川スタルヒン、川津陽一撮影

 「ひぐま打線」の愛称で知られる駒大岩見沢が、モデルチェンジをした。左腕・板木が12安打を浴びながらも、2併殺など内野の堅い守りもあって粘り強い投球。打線も1点差に迫られた後の7回2死満塁、佐藤秀が右前に2点適時打。豪打よりワンチャンスを逃さない試合巧者ぶりをみせた。春に続き開幕戦で登場する。高橋監督は「春を経験し、開幕戦の盛り上がりを知っている。去年の佐賀北みたいに勝って勢いをつけたい」。

 1964年創立の私立。岡部孝信らスキージャンプの日本代表が多く輩出。

 


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る