ここから本文エリア

駒大岩見沢、流れスルリ

2008年08月14日

<北北海道代表 駒大岩見沢> 駒大岩見沢は、流れをつかみかけたはずだった。

写真智弁和歌山―駒大岩見沢 6回裏駒大岩見沢2死三塁、古川の左前適時打で走者及川が生還し勝ち越す。次打者佐藤秀(3)=諫山卓弥撮影

 1点を追う6回2死一塁。及川は、高橋監督の「大きいの、狙ってこい」という指示通り強振した。左翼ポールすれすれの特大ファウルの後、同点の中越え三塁打。「ファウルのイメージを頭から消して、センター方向を狙った」。古川も左前安打で続き、勝ち越しに成功した。

 押せ押せムードが漂う中、続く佐藤秀の打球は左翼線へ。一塁走者の古川は、三塁コーチの制止を振り切って一気に本塁を狙った。「止めたのは見えたけど、勢いで行った」と古川。しかし、智弁和歌山の素早い中継プレーでタッチアウト。勢いはここで止まった。古川は「小さいところの集中力の差が、結果的に大きな差になった」と悔やんだ。

 駒大岩見沢の先取点は、佐藤秀の指を3本分短く余らせたバットから生まれた。2回1死二、三塁。初球の直球を中前にはじき返した。181センチ、86キロ。バットを長く持つことにポリシーを感じていたが、北北海道大会の時、チームメートから「短く持て」とアドバイスされてから好調を維持。この日も3安打し、打撃でチームを引っ張った。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る