ここから本文エリア

駒岩、攻守に本領 前半耐え後半集中打

2008年08月10日

<北北海道代表 駒大岩見沢> 駒大岩見沢は甲子園で大きく成長を遂げた。1回戦で課題が残った投手の制球と守備をきっちり修正し、持ち前の集中打の威力は存分に生かして、見事な夏の甲子園2勝目を挙げた。

写真盛岡大付―駒大岩見沢 5回裏駒大岩見沢無死、佐藤秀は中越え本塁打を放つ。捕手中村=日吉健吾撮影

 両チーム無得点で迎えた5回、先頭の佐藤秀が真ん中高めの直球をバックスクリーンに打ち込む先制ソロ本塁打で、チームを勢いづけた。6回は敵失をきっかけに、及川の左前打、古川の右中間適時三塁打、佐藤秀の三塁線を破る適時二塁打の3連打で3点。7回は2四球の走者を及川が右中間適時三塁打でかえし2点。8回にも青山、川村の連打と牽制(けんせい)悪送球などで2点を追加して勝負を決めた。

 駒岩の先発板木は、ストライクを先行させ、5回まで先頭打者を打ち取り、味方打線の援護を待った。疲れが見えた8回に3点を失ったが、低めに変化球を集めて打たせて取り、完投した。

 守備も無失策で板木をもり立てた。板木は立ち上がりやや球が高めに浮き、再三ピンチを迎えたが、1回は左翼手・小平の本塁への好返球、2回は内野ゴロ併殺で切り抜けた。機動力が持ち味の盛岡大付の盗塁を2度刺し、相手に流れを渡さなかった捕手・松本の強肩も光った。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る