ここから本文エリア

駒大岩見沢と北海 開会式予行、本番へ気合十分

2008年08月02日

 2日開幕の全国選手権大会を前に、北北海道代表・駒大岩見沢と、南北海道代表・北海の選手たちが1日、阪神甲子園球場で開会式のリハーサルに臨んだ。

写真開会式のリハーサルに参加した北海の小林勇登主将と駒大岩見沢の松本駿主将。両脇は先導する市立西宮高校の森田千紘さん(左)と渡辺文香さん(右)=阪神甲子園球場

 今年は南の代表校から順に行進するため、北海は代表55校中54番目、駒大岩見沢は最後の登場になった。北海の小林勇登主将(3年)は歩調がそろっていたかどうかを気にしながら、「本番さながらにやったので気合が入った」と目を輝かせた。

 2日の開会式後の第1試合で下関工(山口)と対戦する駒大岩見沢の松本駿主将(3年)は「開幕試合は春にも経験していて流れは分かっているので、動揺はしないと思う」。ただ、「下関工のキャプテンが大阪を涼しいと言っていた」と驚いていた。駒大岩見沢のプラカードを持つ市立西宮高校の渡辺文香さん(2年)は「開会式後にすぐに応援しようと思っています」とエールを送った。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る