ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>奈良> 記事

智弁学園、堂々行進 足並み・思い一丸

2008年08月03日

 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2日開幕した第90回全国高校野球選手権記念大会(日本高野連、朝日新聞社主催)の開会式で、県代表の智弁学園の選手18人は胸を張り、歩調を合わせて堂々と行進した。3日の第3試合で滋賀代表の近江と対戦する。

写真入場行進する智弁学園の選手たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場

 選手たちは、奈良大会の優勝旗を手にした米田祥史主将を先頭に19番目に登場。選手たちは米田主将のかけ声に足並みをそろえ、腕を大きく振って行進。「奈良代表、智弁学園高校」とアナウンスされると、約4万4千人の観客から温かい拍手が送られた。三塁側内野席からカメラを構えた米田主将の父、雅幸さん(52)は「とても凜々(りり)しく見えた。本番は持ち前の団結力で頑張って欲しい」と語った。

 米田主将は行進後、「みんなで息を合わせて行進できた。甲子園はホントにたくさんの人に注目されることを実感しました」。

 一方、開会式の前、過去に甲子園で活躍した元球児たちとキャッチボールをするイベントがあり、県内からも公募で選ばれた生駒市の小学4年平野航輝君(9)と真弘さん(44)親子が参加した。3月に現役を引退した元大リーガー桑田真澄さんとキャッチボールした航輝君は「桑田さんの球は手のひらが痛くなるほど速かった。高校生になったら甲子園に出て、桑田さんのように大活躍したい」と笑顔で話した。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る