ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>長野> 記事

奥野主将「早く試合やりたい」 開会式リハーサル

2008年08月02日

 選手権大会開幕を翌日に控えた1日、松商学園の選手たちは、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開会式リハーサルに臨んだ。奥野雄大主将は「昨年も来たこの場所に再び来られてうれしい。早く初戦を戦いたい」と話した。

写真記念撮影する奥野雄大主将と宮崎友里さん=1日、阪神甲子園球場

 選手たちはリラックスした表情でグラウンドを踏みしめた。「松商学園」と書かれたプラカードを掲げて先導したのは、同市立西宮高2年、宮崎友里さん。昨年は、所属するバドミントン部の先輩が松商学園のプラカードを持ったという。「主将と絶対写真を撮りなよ」と言われたらしく、さっそく奥野主将と記念撮影をしていた=写真。

 「エースが力道山の孫だとか、慶応を取り上げる記事が多いけど、勝ってそんな記事をはねのけてほしい」と強気なエールを送っていた。

 また、この日はJA全農長野から米30キロや牛肉、野菜、桃など県産品が贈られた。宿泊先の大阪市中央区のホテルを訪れた丸山了(さとる)・筆頭副本部長は「おいしい物を食べて、松商旋風を決勝まで吹かせてください」と激励した。

 松商学園は5日に慶応(北神奈川)と対戦する予定だ。(大西英正)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る