ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>宮崎> 記事

宮崎商 圧倒14安打 満塁窮地しのぎ流れ

2008年08月04日

 甲子園に巻き起こった「宮商旋風」――。3日の第2試合に登場した宮崎商は、選抜出場の城北(熊本)を7―1で破り、4強入りした第46回大会以来の勝利を挙げた。14安打の猛攻で大量点を奪い、投手陣も1失点に抑える好投を見せた。2回戦は大会第9日(10日)の第1試合で鹿児島実と対戦する。

写真城北―宮崎商 3回裏宮崎商1死二塁、川上は中前に先制適時打を放つ。投手村方=西畑志朗撮影

 ◎…宮崎商は3回、先頭の新留が中前安打で出塁。大島の犠打で1死二塁として、打席には浜田監督がこの試合の「カギとなる選手」として挙げた1番川上が入る。

 川上は相手エースの2球目を中前にはじき返し、二塁走者新留の好走塁で先制。さらに佐々木の右前安打、池田の三ゴロ、松本の右翼フェンス際まで運ぶ二塁打で2点を追加した。わずか12球の間に3点を奪う積極的な攻撃。松本は「甘い球は初球から狙っていくつもりだった」。

 ◎…先発赤川は、初めての甲子園マウンドに「最初は緊張していた」と、やや制球が乱れたが、3回まで無安打に抑える無難な立ち上がり。

 5回、三塁手強襲の二塁打と中前安打で1点を返され、さらに内野安打と四球で2死満塁。4番山崎を迎えると、内野陣がマウンドの赤川に駆け寄り、伝令の黒木一気は「1点取られてもいいから強気で行け」とエースを奮い立たせた。

 捕手永田は「一番自信のある球で勝負しよう」と直球を軸に要求。初球は141キロの直球でストライク。その後も140キロ台の球でぐいぐいと押し、8球目の直球で山崎を遊ゴロに打ち取って、ピンチを切り抜けた。

 ◎…守りで作ったリズムが攻撃にもつながった。その裏、先頭川上が一塁線を破る三塁打を放ち、続く佐々木の右中間二塁打で生還。池田、松本の連続安打で5点目。さらに7、8回にも追加点を挙げ、だめ押しした。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る