ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>宮城> 記事

守備の名手、ピンチに好捕 仙台育英・遠藤選手

2008年08月15日

<宮城代表 仙台育英> 空のいたずらだった。同点の9回、先頭打者の打球が遊撃を守る遠藤尚馬君(3年)の後方に高々と上がった。打球を確認し、一度目を切り落下点へ。だが、顔を上げた瞬間、球は薄暮に隠れ、グラウンドにポトリと落ちた。

写真9回表横浜2死満塁、遊撃手遠藤は遊ゴロを好捕し、二塁封殺とする

 それをきっかけに勝ち越しを許し、なおも2死満塁。突き放されたら終わりだ。「来た球すべて捕る」と気持ちを切り替えた。そこへ鋭いゴロが二遊間を襲う。「捕れる」と二塁方向に横っ飛びし、打球をグラブに収めると落ち着いて二塁で封殺し、危機を救った。

 肩に自信があり、小学生時代から遊撃手。だが、高校入学後はアキレス腱(けん)や肩のけがに苦しみ、一時はマネジャーも経験した。それでも「守備しかない」と、自由参加の朝練では壁に球を当てる捕球練習を1時間繰り返し、昼休みには20〜30分のノックを受けた。「守備練習は人一倍やってきた」。読みも磨いた。最後の好捕も、打者の打球の方向やスイングを見てあらかじめ守備位置を変えていたことが実った。

 決勝点につながる走者を出してしまった悔いは残ったが「甲子園の舞台で、強豪の横浜と接戦ができた。宝物です」。胸の「IKUEI」を泥で真っ黒にした守備の名手は、満足げに涙をぬぐった。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る