ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>宮城> 記事

悔しさ忘れず完全燃焼 仙台育英・佐々木選手

2008年08月15日

<宮城代表 仙台育英> 願い続けてきた1本が、最高の場面で出た。

写真4回裏、佐々木康幸君は勝ち越しの左前適時打を放った=日吉健吾撮影

 1―1の4回、内野安打2本でしぶとくつくった1死一、三塁の好機で、佐々木康幸君(3年)はマウンド上の横浜のエース土屋をにらんだ。2球目、外角直球にくらいつくと、痛烈な打球は三遊間を抜けた。一塁を回って拳を握り、ほえた。1回戦で左ひざ、2回戦で左人さし指に球を受けた打撲の癒えない中での快打だった。

 「これも運命」

 そう割り切れたのは、仲間が連勝し、この一戦を用意してくれたから。「仲間には感謝してもしきれない」

 指はいまだに曲げると痛みが残り、しっかりとバットを握れない。それでも向かっていく気持ちが勝り、仲間に応えた。

 甲子園での初安打。この1本のために、数え切れないほどのバットスイングを重ねてきた。

 「あの日、8・15を忘れずに。日々戦い。このままでは終われない」

 昨夏、智弁学園(奈良)との2回戦で遊ゴロに倒れ、最後の打者になった。帽子に誓いと日付を書き込み、1年間、左投手対策に打ち込んだ。外に逃げていく球にも体を開かずに向かっていく勇気が身についた。宮城大会で打率5割をたたき出し、決勝では決勝適時打を放つ活躍。「もう一度甲子園へ」の思いが最後に結実した。

 守備でも全身の力を振り絞った。6回、落ちれば逆転、という浅い飛球に頭から飛び込んで球を離さなかった。スタンドから見守った仙台育英OBの父善行さん(50)に誓った「ぼろぼろになるまでやる」約束を最後まで果たし、熱戦のグラウンドに立ち続けた。「最高のプレーができたので、悔いはないです」。涙の中で絞り出した。

 雪辱を期してつかんだ夢舞台。仲間への感謝もこめて完全燃焼した。あの日から1年の15日、今年は笑顔で仙台に戻る。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る