ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>三重> 記事

いつもと違った第1打席 菰野・稲垣裕也主将

2008年08月09日

<三重代表 菰野> 0―4で迎えた9回裏。先頭打者として打席に入った主将の稲垣裕也君(3年)は狙っていた直球が高めに来て、バットでたたきつけた。三塁手の前にゴロが転がる。

写真仙台育英―菰野 9回裏菰野無死一、三塁、川畑の遊ゴロが併殺となる間に三塁走者稲垣が生還。次打者花井(9)

 全力で一塁へ走った。「絶対に塁に出る」。その一念だった。送球が高くそれてカメラマン席に入った。一気に二塁まで進んだ。稲垣君のこの懸命の走塁がこの日チーム唯一の得点につながった。

 「先頭打者で必ず塁に出て、得点してくれるので楽に投げられる」。チームの中心、エースの西勇輝君(3年)は稲垣君に絶対の信頼を置く。三重大会では6試合すべての第1打席で安打。うち5試合では先制のホームを踏んだ。この日も3回に内角にボール気味に入ってきたスライダーをうまくたたき、レフト前に安打を放った。

 主将として「何事も率先してやる」と全体練習が終わった後も午後10時過ぎまでティーバッティングなどを続けた。「西が投げれば勝てる」と甘えている部分をぬぐい去りたかった。ユニホームの洗濯などをして眠りに就くのは毎晩午前1時半ごろ。その努力が三重大会で結実した。

 だが、甲子園では雰囲気にのまれた。1回表無死三塁のピンチ。打球が稲垣君の正面へ来た。走者が本塁へ走ったのが見えた。「本塁か、一塁か」。一瞬、迷った。迷いを残した本塁への送球は高くそれ、相手に先制点を許した。その裏、安打を放ち続けた「第1打席」で凡退した。

 まだまだ実力がないことは、自分でもわかっていた。甲子園では、それをさらに実感させられた。主将としてこの1年、チームをまとめ切れたか、自信もない。

 でも、甲子園で2回、塁に出て意地は示せた。全国的な強豪との試合は楽しかった。

 そんな稲垣君のことを、戸田直光監督は「三重大会ではよくやった。(仙台育英の投手は)簡単に打てる相手ではないから仕方ない」と思いやった。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る