ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>京都> 記事

大舞台映える白さ 真新しいユニホームでリハーサル 

2008年08月02日

 2日開幕の第90回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)の開会式リハーサルが1日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であった。福知山成美の選手たちは、大会用の真新しいユニホームに身を包んで臨んだ。

写真リハーサルを終えて、駆け足で甲子園から出てくる選手ら=1日、阪神甲子園球場

 リハーサルは本番と同じ午前9時にスタート。福知山成美のユニホームはひときわ白く、甲子園の青い芝生に映えた。杉本聖和君は「新しくて気持ちがいい」と話した。行進も前日に練習したかいがあって、腕を高く振っていた。主将の椎葉一勲君から指名され、号令をかける役を務める末吉利光君は「明日もしっかり声を出したい」と話した。

 出場55校を代表して選手宣誓をする椎葉君もリハーサルに臨んだ。言葉の区切りに間を取りすぎていると指摘されて1回やり直したが、「気持ちがよかった。早くやりたい」と話した。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る